バルセロナ名所ツアー &FCBスタジアム


所要時間:4時間(9:00 - 13:00) 集合場所:8:45分にサグラダ・ファミリア内のお土産屋入り口前(Marina通り沿い) 終了場所:13:00にカサ・バトリョの入り口(Passeig de Gracia通り43番) 概要:サグラダ・ファミリア、グエル公園(入場料および交通費込み)+ パセオ・デ・グラシア通り散策(カサ・バトリョおよびカサ・ミラの外観の説明(入場料および交通費含まず)
詳細:ガイド付き『ガウディー建築めぐり半日ツアー』は9時に開始し、まずサグラダ・ファミリア教会を見学します。その後バスでグエル公園に向かいます。グエル公園の見学した後は再度バスに乗り街の中心にあるカサ・ミラに向かいます。カサ・ミラでバスを下車し、カサ・ミラからカサ・バトリョまで30分程バルセロナの目抜き通りパセオ・デ・グラシアの散歩をお楽しみいただきます。ツアーはカサ・バトリョで終了します(カサ・ミラおよびカサ・バトリョの入場チケットはこのツアーに含まれていません)。 ・ご希望に応じて15:00-19:00の午後のツアーも可能です。ご相談ください。 ・こちらの半日ツアーに含まれていないカサ・ミラおよびカサ・バトリョの内部を訪問する『ガウディー建築ツアー』を追加することも可能です。こちらの時間は13:00-15:00および15:00-17:00の2つの時間帯があります(昼食および交通費は含まれません)

ブログで書かれました

Thu

26

Apr

2018

バルセロナ滞在・Living in Barcelona

最近、日本人からメールを受け取りました。バルセロナ滞在について情報の要求を受けました。彼女は初めてスペインに来る事ではなりませんです。去年の夏で2ヶ月にかけてバルセロナであるホームステイのアパートに住んでいました。去年はスペイン語の学生として、毎日スペイン語の学校に通うっていたから、経験が面白くて楽しかったそうですけど、今回はスペイン語の学校に行きたくないと言いました今年の夏も2ヶ月にかけて、バルセロナに住みに来るそうです。スペイン語の能力があまり分からないですけど、今回は彼女、バケーションをやりたいから学校に行きたいけど、毎日ではありません。そしたら、2ヶ月だけバルセロナに住みたいから学生ビザ必要ではありません。お観光のビザを持っている方のオプションは沢山あります。

 

バルセロナ・オリンピックのおかげで25年前から凄く観光的な街になって来たので毎年観光客様が多いです。バルセロナ観光局の統計によってバルセロナであり宿泊施設の提供(しゅくはくしせつのていきょう)は大きいですけど、バルセロナに来るお客様が毎年、徐々に増えるように見えます。2017年では宿泊施設の提供は次です。

 

  • ホテルは408
  • ゲストハウスは289
  • 観光アパートメントは11
  • ホステルは123
  • 観光用アパート(免許なしで)は9657

 

最後の数字が酷いです。免許なし観光用アパートが毎年、増加し続けているそうです。お観光客様と同じように増加し続けているから、色々観光会社が生まれ、免許なしで働いて、大変です。バルセロナ市役所の法律は厳しいですけど、そんな沢山会社に対していつも負けます。

 

バルセロナ滞在のことが難しいです。バルセロナである不動屋さんは英語があまり話せませんです。さらに、普通のレンタル・アパートが家具がはいてありませんし、リース(leasing Contract)が3年間にかけて、観光客様向けの需給が不便です。従って、2ヶ月にかけてバルセロナ滞在だったら、シェアー・アパートは可能性があります。ほとんどのシェーア・アパートのサイトが英語であるから便利です。さらに、色々人々も住んでいますので、簡単にスペイン語の会話をするチャンスがよくあります。その他の利点は家賃です。確かに、シェーア・アパートのオプションを選べたら、家賃もシェーアしますね。お部屋だけでプライベートですけど家賃が安いです。

 

こちら、バルセロナであるシェーア・アパートのサイト(英語)www.uniplaces.com 

 

Recently I received an email from a Japanese lady asking me about the steps to follow before renting an apartment in Barcelona. She said it's not her first time in the city, because She used to live in Barcelona last summer for 2 months. She stayed with a local family, So she enjoyed the experience of a home stay but this time she prefers something more independent.

 

On the other side, last time she came to the city, she used to study spanish in a foreigners academy but this time she's coming to Barcelona to enjoy her summer vacations and she's not interested to attend school. 

 

Living in Barcelona can be a lovely experience or a nightmare, depends on your own patience and fortune. Lucky ones who are coming with a big budget, can enjoy wonderful accommodations for a short time in Barcelona City Center. However, if you're coming with a reduced budget, doesn't mean that it will become a nightmare experience but will be difficult to find a nice place to stay. 

 

Since Barcelona hosted the Olympic Games 25 years ago, tourism has been increasing heavily year after year. Nowadays, Catalonia is the most touristic community in Spain and just the capital Barcelona receives around 30 million visitors a year, according to Barcelona Tourist Office official anual Statistics. 

 

Of course, the impact of tourism affects positively the real state business increasing their benefits in contrast of Barcelona citizens who are suffering the situation. Spanish salaries can't compite with those of foreigners such as north europeans, americans or arabians who can afford wherever the companies ask for. 

 

Some neighborhoods like Ciutat Vella, El Born or Barceloneta are the most affected  because locals are leaving away massively to leave the apartment, forced by the market pressure. In top of that, Barcelona City Hall must face a new problem: the Un-controled situation of the black market real state business for tourists.

 

Officially, Barcelona counts with the following accommodation offer:

 

  • Hotels: 408
  • Guest Houses: 289
  • Legal rental apartments for tourism: 11
  • Hostels: 123
  • Ilegal rental apartments for tourism: 9.657

 

Unfortunately, the city counts with companies like AirB&B renting apartments totally under control. Companies having enormous benefits in contrast of local population who is apparently taking benefit from tourists without paying the taxes for this extra job, are contributing to increase the prices of rental apartment demand. Please be careful when you rent a short - term flat in Barcelona; your host needs a license, otherwise, you may be doing something illegal.    

 

There are plenty of websites to help you find a long term or short term apartment to stay but first of all, I recommend you to read this article first, then walk to the city without rush, discovering every neighborhood to decide which one to choose, if you are already in Barcelona.  

 

Other helpful websites are: www.apartmentbarcelona.com & www.uniplaces.com 

 

Hopefully you'll find a proper place to stay without quitting the challenge, however before starting the process, you must know the average to rent an apartment in Barcelona city is much more expensive than the national average. 

 

Keep calm & enjoy your stay in Barcelona! 

0 Comments

Fri

17

Feb

2017

バルセロナの過去『ガウディの時代』1852年〜1926年

バルセロナについて考えると一番初めにかぶのはやっぱりガウディの作品です。でも、実際に、ガウディが生きていた時代のバルセロナはどのようなものだったのでしょうか?

毎日、グラシア通りに行くと沢山の観光客の方でにぎわっていますし、カタルーニャ広場、ランブラス通りでも同じ光景を目にしますよね。サグラダファミリアのイメージはガウディの時代から今までに凄く変わりました。ガウディが生きていたから現在のところまで、建築がまったくなっています。ガウディがサグラダファミリアに(1883年)から、亡くなった年(1926年)までに生誕の門だけ完成しました。100年前のサグラダファミリアはどのようなものだったのでしょうか?

 

 

バルセロナのイメージは当時、それほど有名ではなく、あまり観光的ではなく、住んでいた人々の生活もあまり忙しくなかったと思います。

 

カタルーニャ広場の路面電車がグラディア通りにゆっくり走っていたかもしれません。私はガウディの時代はもちろん、生きたことはありません。その時代について、実際は

 

分かりませんが、自分の仕事のおかげで、私は毎日ガウディについて話します。出来れば、1日だけでもいいので、ガウディの時代に生きて、ガウディに会ってみたいです。

 

現在2017年になっても、ガウディの時代はまだまだ生きています。私の仕事もちろんですけど、観光ガイド以外にも、たくさん人々がガウディのおかげで働いています。例えば、歴史の先生やガウディの元で、働いている人々や、サグラダファミリアで働いているアーティスト。ちなみに、このポストの写真は、『Barcelona en temps passat』(過去のバルセロナ)というのページからおりました。このサイトについて興味があれば、こちらを押して下さい。バルセロナの面白い写真をカタルーニャ語で見ることが出来ます。 

0 Comments

Thu

09

Feb

2017

Miró vs Picasso ・ミロvsピカソ

Què en sabem de la vida d'aquests fascinants artistes del Surrealisme català del S.XX? 

 

De Joan Miró sabem que era un artista de tendència espiritual i poètica. Un artista català vinculat a la terra de Montroig del Camp (Tarragona) on hi visqué la seva infantesa. Picasso en canvi, tot i haver nascut a Màlaga i viscut gran part de la seva vida a l'exili, sempre va dir que s'estimava Barcelona per haver-lo acollit durant la seva adolescència i primers anys d'aprenentatge. Picasso fou un excel·lent dibuixant ja de ben petit, abans fins i tot de traslladar-se a viure a Barcelona, el seu pare, professor de Belles Arts, ja deia que Pablo l'havía superat i li regalà la seva paleta de colors a l'edat de 13 anys. 

 

Joan Miró fou un artista versàtil, no gaire bon dibuixant a diferència de Picasso, però amb una incansable sed de renovar-se i d'innovar. Miró estimava l'art clàssic i apreciava la seva bellesa, admirava i s'influenciava dels grans artistes reconeguts, com sovint feia Picasso, però Miró s'auto-criticava i s'auto-exigía constantment, tant o fins i tot més que el pròpi Picasso. Miró va patir llargs períodes de crisis artístiques, durant les quals era incapaç de pintar, d'expressar-se. Picasso, en canvi, era l'artista incansable, l'artista que deia que quan la inspiració arriba, t'ha de trobar treballant. 

 

No podem negar que, malgrat la diferència dels seus orígens, tant Miró com Picasso van ser incansables viatgers apassionats durant tota la seva trajectòria professional. 

Què podem dir de les seves vides personals? Sabem que Miró es va casar jove, amb Pilar Juncosa i van tenir una única filla, Lola. Joan Miró fou un home introspectiu amb una forta vida interior molt lligada al pensament oriental. Cap als anys 60' viatja per primer cop al Japó i descobreix tot un món instrospectiu i espiritual del qual s'enamora que l'acompanyarà fins la resta de la seva vida plasmant aquest pensament en totes i cadasquna de les seves obres fins la seva mort, l'any 1983.    

 

Què podem dir però de la vida personal i sentimental de Picasso? Res a veure amb la del jove Joan Miró, d'esposa i filla única, si el comparem amb l'incansable conquistador Pablo Picasso, que tingué 2 matrimonis fracassats, 4 fills amb 3 dones diferents, un total de 7 parelles reconegudes i nombroses amants al llarg de la seva vida. Picasso no  ha passat a la història per haver sigut precisament un home introspectiu, tot i que també era sensible com Miró, no li interessava plasmar la lírica ni la poesia a les seves obres. Picasso ha sigut un dels artistes més representatius del segle passat per la seva gran versatilitat. El jove Picasso destacava amb premiades obres acadèmiques mentre que d'adult sorprenía a mig planeta amb obres inesborrables com el Guernica    

 

Aquesta constant necessitat d'auto-superar-se i reinventar-se fou comú en tots dos artistes al llarg de la seva vida. Mai en tenien prou, sovint treballaven en sèrie, en díptics o tritics i descansaven poc, qüestionant-se la seva feina.

 

El que no sabrem mai és que potser cap dels dos s'arribà a imaginar que avui en dia les seves obres omplirien Museus per tot el món i seríen tant cotitzades i mercantilitzades com denunciava l'humil Miró. L'arrogant Picasso en canvi, anava signant autògrafs enlloc de pagar el compte dels restaurants on menjava, davant la cara de sorpresa dels cambrers al rebre aquell autògraf de més valor potser que el seu pròpi negoci.    

0 Comments

Fri

07

Oct

2016

バルセロナに刻んだ青春の足跡

ピカソゆかりのスポット

 

いつもでにぎわっているバルセロナのカテドラル。ほとんどの観光客はづかないが、はそののに、ピカソのがある。カテドラルからカタルーニャへと向かうのにつ「カタルーニャおよびバレアレス」の建物がそれだ。そこにはりのときにりされる巨大や、カタルーニャのサルダーナがかれている。とされたは、ピカソがにそれらを見たときのちが、そのままれているかのようだ。 この建物を横に見ながら、カタルーニャ広場へと歩いて行く途中の右側に、モンシオ通りがある。この通りに入ってすぐ、ゴシック風のアーチ窓のある建物が目に入る。ピカソはもちろんのこと。19世紀末バルセロナの画家たちのたまり場だった、カフェレストラン「の」クアトラ・ガッツだ。現在の店は1981年にピカソ生誕100年を記念して再開されたものだが、内装は当時のままに再現されている。

パブロ・ルイス・ピカソは1881年10月25日にスペインのマラガで生まれ、1891年にはであったホセ・ルイス・ブラスコのとともにイベリアにあるア・コルーニャに移り住んだ。それにの『エル・ピカドール』をきをしているが、この地で描いたのがあまりにだったため、父親はのをピカソにり、絵は描かないといった、というエピソードまでされている。

 

1895年、まもなく14歳のをえようとしていたピカソは、父親ののためバルセロナへ移った。カタルーニャが広がり、のをしていたバルセロナのでなにれたことが、ピカソののをしたとにをかせたといってもさしつかえないだろう。この、のはにされている。リョッジャのにしては、は14でがないのにクラスをけるのをもらい、かかるを1日でえ、しかもなであった。

こうしてまったバルセロナの生活は、1904年にパリにまでいた。そのにスペインにることはあったが、1939年にフランコがをりがすると、「」としてらをづけ、くなるまでへることはなかった。ピカソがカフェレストラン、(にはセルべサリア、すなわちビアホールに近い) 「の」にをすのは、1898年のからである。 

そのにしたこの店は、パリのキャバレー「(シャ・ノワール)」をとしてられた。にわったはいずれも「」にりしており、にそのなかの4人がとなったのでこのがつけられたのだが、この「エルス・クワトラ・ガッツ」とはまた、カタルーニャので「ほんのわずかな人々」を意味している。その4人とはのペレ・メレウ、、、でもありシッチェスにカウ・フェッラトをいたサンティアゴ・ルシニョール、イラストレーターやポスターデザイナーとしてパリやバルセロナでしたラモン・カサス、そしてでだったミケル・ウトリーヨだ。ちなみにミケル・ウトリーヨはピカソを早くから認めていた。

 

ピカソはとりわけこのとがく、メニューやポスター、などのデザインをしたり、ののデッサン、パステル、をたくさんしている。そして「四匹の猫」がした1903年に、(のような)「の」のをかき、パリへするためにいった。

 こうしたパリの新しいに染まったがいた「の」は、のようにいのたまりになっていった。そのをげてみると、イシドル・ノネイ、スロアガ、トーレス・ガルシア、マノロ・ウゲー、でにピカソのとなるサバデルス、ピカソのでダリにをくことをすすめたラモン・ピッショット、1900年にピカソがめてパリにときにし、ピストルしたカサヘマス、のアルベニスとグラナドスなど、その後スペインやにをえたが出入りしていた。

 

0 Comments

Sun

27

Mar

2016

サン・ジョセップとサンタ・カテリナ市場

  

① バルセロナの観光スポットはガウディ建築だけではありません。バルセロナに来たらぜひ市場にも足を運んでみてください!特に観光客に人気なのが、ゴシック地区のサン・ジョセフ市場(通称「ボケリア」)とボルン地区のサンタ・カテリーナ市場です。

 

② 日本ではスーパーマーケットが発達し、肉は肉屋で、魚は魚屋で買うという習慣は減ってきているのではないでしょうか。バルセロナにもスーパーはありますが、まだまだ市場文化も根強く残っているため、レストランのシェフはもちろんのこと家庭料理の食材も市場で購入するという人が多いです。

 

 

③ 市場では少量からの購入も可能なので、ぜひお試しを。食材を売っている店だけでなく、タパスをつまめるバーもあります。アンナちゃんと一緒に市場ツアーに行く際には現地人行きつけのオススメのバーを教えてもらってください!

 

 

④ 日本ではちょっと値段の高いパエリア用のサフラン、小さくてオシャレな缶に入ってるパプリカの粉、スペイン料理で使うソース、缶詰、真空パック入りのソーセージやハムなどは旅行のお土産にオススメです。

 

⑤ スペイン語を学んでいる方は、買い物の時に覚えた単語や表現を使ってみるのもいいですね。市場ではついカラフルな色の食材に目を奪われるかもしれないですが、泥棒も多いのでバックにはくれぐれも注意してください。

0 Comments

Note: Please fill out the fields marked with an asterisk.

Omotenashi Barcelona Facebook Page

Share the site | サイトを共有する