Sat

25

Feb

2017

Dalí・ダリ劇場美術館

ダリ劇場美術館で不思議の世界に遊ぶ

 

天才として生きたダリの人生・サルバドル・ダリは、1904年にフィゲラスで生まれた。彼自身の著作やそれをもとにした本には、ダリと同名の兄がダリお誕生の『3年前に7歳で脳膜炎で死んだ』と書かれているが実際は9カ月と10日前に1歳10カ月で亡くなっている。こうした、自分をとりまく世界を粉飾し偽りを言うのは、一人に驚きとめまいを与える彼の絵画表現と通じるものがある。

 

ダリは17歳の時にマドリッドの美術学校に入学したが、そのとき『学生の家』でふたりの人物と親しくなっている。詩人フェデリコ・ガルシア・ロルカと映画監督ルイス・ブニュエルだ。その後、美術学校から発行されたダリはパリに出て、シュールレアリスム(超現実主義)グループの連中や、カタルーニャの前衛芸術家たちと付き合いながら、独自の発表を作り上げていった。

 

そして1929年の夏、カダケスを訪れた詩人ポール・エリュアールの夫人ガラと知り合う。初めての出会いで恋に落ちたふたりの関係は、1982年にガラが亡くなるまで変わることなく続いた。「人生の航路をつでに注意ぶかく見守る舵取り」だったガラの死後、ダリは衰えが目立つようになり、妻から7年連れて1989年に亡くなった。その遺骸はフィゲラスのダリ劇場美術館内に埋葬されている。

美術館はダリ芸術の集大成

 

かつて市立劇場だった美術館の建物は、スペイン内戦フランコ軍の爆撃によってほとんど廃墟となっていた。子供のごろから慣れて親しんだ建物を再現したいというダリの思いは、悲惨な状態状態を見るたびに大きくなっていったのだろう。美術館建設に際しては、ダリの記者会見がパリで1970年に行われた。19世紀のデカダンス(頽廃)を代表する画家モローの美術館が使われたのは、ダリ特有の生と死に対する考えと同時に、ダリ美術館に死の影が与えられることを示していた。

 

美術館は1974年9月、ダリが70歳のときに開館した。設計を担当したのは、すでにバルセロナのピカソ美術館を手がけていたふたりの建築家で、この円形劇場を巧みに構成している。入り口前の広場中央には、ダリのオブジェが訪れる人々を待ち受ける。また建物の外壁では、潜水夫やパンを頭に載せた女性像が美術館へと私達を誘う。中に入るとすぐに『雨降りタクシー』と題されたキャーデラックが目に飛び込んでくる。車のフロント部分には大きな胸をした女性像が胸を広げて立っているが、これはオーストラリアのウイーン幻想の画家の一人として知られる、エルネスト・フックスの作品『クイーン・エステル』だ。

 

この中庭を取りまく壁面にはイタリアの彫像を思わせる、生の叫びを上げる人間の顔をもつオブジェが飾られている。ダリの言葉によれば、建物体は死の法則にのっとっており、この場所には戦争で多くの魂がさまよっているのだ。それはまた「生を生きる前に、死を生きてきた」、亡兄の身代わりとしてのダリ自身の叫びであるのかもしれない。

0 Comments

Fri

17

Feb

2017

バルセロナの過去『ガウディの時代』1852年〜1926年

バルセロナについて考えると一番初めにかぶのはやっぱりガウディの作品です。でも、実際に、ガウディが生きていた時代のバルセロナはどのようなものだったのでしょうか?

毎日、グラシア通りに行くと沢山の観光客の方でにぎわっていますし、カタルーニャ広場、ランブラス通りでも同じ光景を目にしますよね。サグラダファミリアのイメージはガウディの時代から今までに凄く変わりました。ガウディが生きていたから現在のところまで、建築がまったくなっています。ガウディがサグラダファミリアに(1883年)から、亡くなった年(1926年)までに生誕の門だけ完成しました。100年前のサグラダファミリアはどのようなものだったのでしょうか?

 

 

バルセロナのイメージは当時、それほど有名ではなく、あまり観光的ではなく、住んでいた人々の生活もあまり忙しくなかったと思います。

 

カタルーニャ広場の路面電車がグラディア通りにゆっくり走っていたかもしれません。私はガウディの時代はもちろん、生きたことはありません。その時代について、実際は

 

分かりませんが、自分の仕事のおかげで、私は毎日ガウディについて話します。出来れば、1日だけでもいいので、ガウディの時代に生きて、ガウディに会ってみたいです。

 

現在2017年になっても、ガウディの時代はまだまだ生きています。私の仕事もちろんですけど、観光ガイド以外にも、たくさん人々がガウディのおかげで働いています。例えば、歴史の先生やガウディの元で、働いている人々や、サグラダファミリアで働いているアーティスト。ちなみに、このポストの写真は、『Barcelona en temps passat』(過去のバルセロナ)というのページからおりました。このサイトについて興味があれば、こちらを押して下さい。バルセロナの面白い写真をカタルーニャ語で見ることが出来ます。 

0 Comments

Sat

11

Feb

2017

Miró vs Picasso ・ミロとピカソ

What we know about the famous life of Joan Miró & Pablo Picasso? Of course we studied their lives & works at school but have you ever heard about XX Century Catalan Surrealism? ... Maybe not so much.  

 

About Joan Miró, we know he used to be an introspective and spiritual artist. A Catalan painter attached to his hometown, Montroig del Camp near Tarragona, where he grew up. 

 

Picasso, however, besides being born & raised in Malaga and living almost all his life abroad, as an expat artist, he always said he felt really attached to Barcelona, because the city hosted him during the earliest years of his life. Picasso was a magnificent drawer, ever before moving to the city of Barcelona, at the age of 14 years old. His father said once "You're better than me now & you deserve to have my color palette."   

 

Joan Miró was a versatile artist, not so good drawer as Picasso was, but talented. He never stop trying & training harder to masterpiece their works. Miró loved the classics like Picasso admired the works of the greatest artists from the Old times, but Miró always used to self-demand more than the others, sometimes even so badly that He suffered few artistic crisis periods when he could not paint anything. On the other hand, Picasso never suffered a professional crisis related to his introspective world. Picasso had been painting and experiencing all his life. He used to say: "When the inspiration comes, must find you working". 

 

Besides their origins, we can not say they had been lazy or accommodated artists. Both of them used to be brave contemporary artists, never afraid to re-invent their own works, traveling often and they never gave up their passion.    

 

What can we say about their personal lives? We just know Miró had been married young to Pilar Juncosa and they had only a girl named Lola, like Picasso's young sister. Miró used to be an introspective man passionated with oriental world, specially Japan, where he traveled for the first time in 1960's. In Japan, Miró discovered the world of meditation, mean fullness and spiritualism he used later to express on their works until his death in 1983.    

 

What can we say about Picasso's personal life? Nothing similar to Joan Miró who just had one single wife and just one daughter. In contrast to Miró, Picasso failed 2 marriages, he had 4 kids with 3 different women and a total of 7 recognized ladies who lived with him all his long life.  

 

Picasso didn't succeed to be an introspective artist, even though he was sensible as Miró, Picasso was not interested in lyrics or poetry on his works like Miró. Picasso & Miró had been two of the most representative artists from XX century, for their great versatility. The young Picasso became famous when he painted academic works for several prestigious Fine Arts Schools, meanwhile as adult he succeed showing the Guernica to the world.      

Both artists needed to self-demand and re-invent them constantly, all their professional lives until their death. They had been always studying, traveling & working to became better artist and they succeed because they never gave up. Sometimes, they worked in series, doing diptych or triptych and they didn't rest so much.   

 

We know a lot of details about them but maybe They didn't know some day in the future, their lives & works will be so succesful. Maybe they could not imagine how much money thousands of riches will be able to pay for one of their paintings... 

 

Thanks to their wonderful museums around the world we know their works are nowadays very valued. However, humble Miró used to criticize those who thought Art could be bought. Nevertheless, arrogant Picasso used to sign autographs instead of paying the bill of the restaurants where he used to eat, telling to the waiter "I just want to pay the menu I ate, not the hole restaurant with my autograph".     

 

To find out more about Joan Miró & Pablo Picasso, join our Barcelona greatest Museums different Tours! Omotenashi Barcelona offers both Museums together in the same tour or tailor made special visits under request. Feel free to ask & read again our last post about Miró & Picasso clicking on their names. 

 

Visits also available in Japanese! 

0 Comments

Thu

09

Feb

2017

Miró vs Picasso ・ミロvsピカソ

Què en sabem de la vida d'aquests fascinants artistes del Surrealisme català del S.XX? 

 

De Joan Miró sabem que era un artista de tendència espiritual i poètica. Un artista català vinculat a la terra de Montroig del Camp (Tarragona) on hi visqué la seva infantesa. Picasso en canvi, tot i haver nascut a Màlaga i viscut gran part de la seva vida a l'exili, sempre va dir que s'estimava Barcelona per haver-lo acollit durant la seva adolescència i primers anys d'aprenentatge. Picasso fou un excel·lent dibuixant ja de ben petit, abans fins i tot de traslladar-se a viure a Barcelona, el seu pare, professor de Belles Arts, ja deia que Pablo l'havía superat i li regalà la seva paleta de colors a l'edat de 13 anys. 

 

Joan Miró fou un artista versàtil, no gaire bon dibuixant a diferència de Picasso, però amb una incansable sed de renovar-se i d'innovar. Miró estimava l'art clàssic i apreciava la seva bellesa, admirava i s'influenciava dels grans artistes reconeguts, com sovint feia Picasso, però Miró s'auto-criticava i s'auto-exigía constantment, tant o fins i tot més que el pròpi Picasso. Miró va patir llargs períodes de crisis artístiques, durant les quals era incapaç de pintar, d'expressar-se. Picasso, en canvi, era l'artista incansable, l'artista que deia que quan la inspiració arriba, t'ha de trobar treballant. 

 

No podem negar que, malgrat la diferència dels seus orígens, tant Miró com Picasso van ser incansables viatgers apassionats durant tota la seva trajectòria professional. 

Què podem dir de les seves vides personals? Sabem que Miró es va casar jove, amb Pilar Juncosa i van tenir una única filla, Lola. Joan Miró fou un home introspectiu amb una forta vida interior molt lligada al pensament oriental. Cap als anys 60' viatja per primer cop al Japó i descobreix tot un món instrospectiu i espiritual del qual s'enamora que l'acompanyarà fins la resta de la seva vida plasmant aquest pensament en totes i cadasquna de les seves obres fins la seva mort, l'any 1983.    

 

Què podem dir però de la vida personal i sentimental de Picasso? Res a veure amb la del jove Joan Miró, d'esposa i filla única, si el comparem amb l'incansable conquistador Pablo Picasso, que tingué 2 matrimonis fracassats, 4 fills amb 3 dones diferents, un total de 7 parelles reconegudes i nombroses amants al llarg de la seva vida. Picasso no  ha passat a la història per haver sigut precisament un home introspectiu, tot i que també era sensible com Miró, no li interessava plasmar la lírica ni la poesia a les seves obres. Picasso ha sigut un dels artistes més representatius del segle passat per la seva gran versatilitat. El jove Picasso destacava amb premiades obres acadèmiques mentre que d'adult sorprenía a mig planeta amb obres inesborrables com el Guernica    

 

Aquesta constant necessitat d'auto-superar-se i reinventar-se fou comú en tots dos artistes al llarg de la seva vida. Mai en tenien prou, sovint treballaven en sèrie, en díptics o tritics i descansaven poc, qüestionant-se la seva feina.

 

El que no sabrem mai és que potser cap dels dos s'arribà a imaginar que avui en dia les seves obres omplirien Museus per tot el món i seríen tant cotitzades i mercantilitzades com denunciava l'humil Miró. L'arrogant Picasso en canvi, anava signant autògrafs enlloc de pagar el compte dels restaurants on menjava, davant la cara de sorpresa dels cambrers al rebre aquell autògraf de més valor potser que el seu pròpi negoci.    

0 Comments

Fri

07

Oct

2016

バルセロナに刻んだ青春の足跡

ピカソゆかりのスポット

 

いつもでにぎわっているバルセロナのカテドラル。ほとんどの観光客はづかないが、はそののに、ピカソのがある。カテドラルからカタルーニャへと向かうのにつ「カタルーニャおよびバレアレス」の建物がそれだ。そこにはりのときにりされる巨大や、カタルーニャのサルダーナがかれている。とされたは、ピカソがにそれらを見たときのちが、そのままれているかのようだ。 この建物を横に見ながら、カタルーニャ広場へと歩いて行く途中の右側に、モンシオ通りがある。この通りに入ってすぐ、ゴシック風のアーチ窓のある建物が目に入る。ピカソはもちろんのこと。19世紀末バルセロナの画家たちのたまり場だった、カフェレストラン「の」クアトラ・ガッツだ。現在の店は1981年にピカソ生誕100年を記念して再開されたものだが、内装は当時のままに再現されている。

パブロ・ルイス・ピカソは1881年10月25日にスペインのマラガで生まれ、1891年にはであったホセ・ルイス・ブラスコのとともにイベリアにあるア・コルーニャに移り住んだ。それにの『エル・ピカドール』をきをしているが、この地で描いたのがあまりにだったため、父親はのをピカソにり、絵は描かないといった、というエピソードまでされている。

 

1895年、まもなく14歳のをえようとしていたピカソは、父親ののためバルセロナへ移った。カタルーニャが広がり、のをしていたバルセロナのでなにれたことが、ピカソののをしたとにをかせたといってもさしつかえないだろう。この、のはにされている。リョッジャのにしては、は14でがないのにクラスをけるのをもらい、かかるを1日でえ、しかもなであった。

こうしてまったバルセロナの生活は、1904年にパリにまでいた。そのにスペインにることはあったが、1939年にフランコがをりがすると、「」としてらをづけ、くなるまでへることはなかった。ピカソがカフェレストラン、(にはセルべサリア、すなわちビアホールに近い) 「の」にをすのは、1898年のからである。 

そのにしたこの店は、パリのキャバレー「(シャ・ノワール)」をとしてられた。にわったはいずれも「」にりしており、にそのなかの4人がとなったのでこのがつけられたのだが、この「エルス・クワトラ・ガッツ」とはまた、カタルーニャので「ほんのわずかな人々」を意味している。その4人とはのペレ・メレウ、、、でもありシッチェスにカウ・フェッラトをいたサンティアゴ・ルシニョール、イラストレーターやポスターデザイナーとしてパリやバルセロナでしたラモン・カサス、そしてでだったミケル・ウトリーヨだ。ちなみにミケル・ウトリーヨはピカソを早くから認めていた。

 

ピカソはとりわけこのとがく、メニューやポスター、などのデザインをしたり、ののデッサン、パステル、をたくさんしている。そして「四匹の猫」がした1903年に、(のような)「の」のをかき、パリへするためにいった。

 こうしたパリの新しいに染まったがいた「の」は、のようにいのたまりになっていった。そのをげてみると、イシドル・ノネイ、スロアガ、トーレス・ガルシア、マノロ・ウゲー、でにピカソのとなるサバデルス、ピカソのでダリにをくことをすすめたラモン・ピッショット、1900年にピカソがめてパリにときにし、ピストルしたカサヘマス、のアルベニスとグラナドスなど、その後スペインやにをえたが出入りしていた。

 

0 Comments

Tue

06

Sep

2016

プラデスにて、始めてキャンピングに泊まった経験

 

8月に始めて、タラゴナ県のプラデス街に行きました。家族と家のワンちゃんサム君と一緒に三日間でこの新しいところを訪れて楽しみました。タラゴナ県でも人口はカタルーニャ州の大ファンですから、プラデス街にて、沢山カタルーニャ州の『独立したい旗』が見えます。もちろん、カタルーニャ州のオフィシャル旗ではないですけど、地元市民としてカタルーニャ州の愛国を紹介したいです。どこでもベランダにて、カタルーニャの分立旗が多いです。プラデス街は海外で、あまり有名ではないですがミロの街でした。画家ミロさんはバルセロナに生まれたけど子供頃、プラデス街に通っていたから有名です。今回は三日間でプラデス街に泊まりました。ホテルが多いですがキャンピングを選びました。私はまだキャンピングに泊まったことないですから面白くて楽しかった経験でした。キャンピングにてワンちゃんも泊まる事ができるので一緒に素晴らしい時間を過ごしました。キャンピング・プラデスについて、興味があれば、青いリンクを押して下さい。 

1 Comments

Fri

02

Sep

2016

Have you ever ride a Hot-air Balloon?・熱気球に乗ったことある?

Have you ever been in the Catalan Pyrenees? They are popular for the large offer of Ski Resorts in winter season, but in Summer the mountains are fresh, calm and peaceful. La Cerdanya region, for instance, is the best location to scape from the hordes of tourists going to Costa Brava or Barcelona. Puigcerdà village, the capital of La Cerdanya is just 2 hours driving from Barcelona and 10 minutes from the French border. Last August, we've been looking for a beauty scenario not so far away from home, fresh, quite and comfortable, where we could try for the first time the experience of Riding a hot-air Balloon. After some internet research, we found it! The company Globus de la Cerdanya organizes tours almost daily in Summer (High Season) for an hour and half tour including an optional traditional Catalan breakfast at the end. This is definitely a must see experience at least once in a lifetime! 

 

熱気球に乗ったことありますか?私達は8月にピレネー山脈のラセルダニャ県に三日間の旅行をしました。私達は始めて、熱気球に乗ったから少し怖かったんたけど、凄く面白くて楽しかった経験でした。カタルーニャ州では8月に皆、ビーチとかバルセロナ街とか行きたいですがバルセロナ市民として、街から出かけたいです。夏ではビーチと街とも込んでますが山に行ったら少ない観光客がいます。カタルーニャ州のピレネー山脈は冬で有名スキーリゾートが多いです。引かし、夏で素晴らしいホテルも多いです。ラセルダニャ県である一番大事な街はプイチェルダです。バルセロナから車で2時間かかります。フランスは10分だけです。皆さん、まだ熱気球に乗ったことないですが、ピレネー山脈に来て下さい。この会社の家族はもちろんプロフェッショナルですけどさらに、凄く優しい家族です。会社の名前は『熱気球・ラセルダニャ』です。ツアーの時間はほとんど3時間です。朝7時から10時まで、熱気球の準備とツアー全部、3時間ぐらいです。そして、オプショナル朝ご飯をする事が出来ます。

 

 

0 Comments

Mon

15

Aug

2016

Costa Brava: Begur, Llafranc & Calella de Palafrugell

カタルーニャ州では夏で温度が暑いです。日本よりあまり蒸し暑くないですけど、地元住民はビーチに行きます。バルセロナの地元住民は一番好きなビーチがコスタ・ブラバのビーチです。コスタ・ブラバというのはビーチだけでなく、カタルーニャ州の東北海岸です。7月と8月には観光的なハイシーズンですけど、そのときコスタ・ブラバの地中海は一番快適です。海が寒くないで柔らかいです。Begur『ベグル』町は地中海のコスタ・ブラバ景色を見下ろしたら、お進めます。この町は海抜、高いですから海岸が凄く奇麗です。さらに、散歩道が多くて散歩しながら景色を楽しめます。例えば、Llafranc 『ヤフランク』町からCalella de Palafrugell『カレヤ・デ・パラフルジェイ』町に歩いて、約20分かかります。私達はバルセロナから車で行って、ベグル町に二日間泊まりました。ホテルのサービスが素晴らしかったです。このホテル『Hostalet de Begur』のサイトを調べてみて下さい。 

 

0 Comments

Mon

27

Jun

2016

ガウディのヒミツ

先日ガウディの出身地であるタラゴナ県のRiudoms(リウドム)という小さな町のはずれに佇むガウディの生家を訪問させていただきました。生前のガウディの意思で、現在は一般人の方が住んでいますが、特別にお庭まで入ることができました。自然溢れるリウドムで幼少期を過ごしたため、ガウディの作品には自然が多用されています。

このツアー中にお会いしたのが、ガウディ研究をされている建築家の田中裕也さんです。田中さんは30年以上にわたりガウディ建築物の図面作成に取りくまれています。ガウディは模型を元に作業をしていたため、ガウディの図面というものは現在残っていません。

田中さんのお話を伺っていて、興味深かったのが『ガウディ・コード』。ガウディが建築物に隠した暗号なんだそうです。例えば、このカサ・バトリョ(Casa Batlló)のファザードのテーマは「地中海文化」、「カタルーニャ文化」、「聖書」、なんだそうですが、実はここに黄道十二星座がいくつか隠れているのだとか。

この写真では分かりにくいかと思いますが、ファザードにはお皿が装飾として使われています。田中さんによると、このお皿が星を表し、左上のこの窓が無い場所から天秤座、サソリ座、射手座が並んでいるのだそうです。

ガウディに興味が出た方も元々興味のある方も、バルセロナに来たらぜひアンナちゃんのガウディツアーに参加してみてください。わたしは元々アンナちゃんの日本語の先生だったのですが、アンナちゃんはガウディに関する単語をしっかり勉強していたので、日本語できちんと説明してくれるはずです(と、彼女にプレッシャーを与えてみる、笑)。お楽しみに!

0 Comments

Mon

20

Jun

2016

カタルーニャ音楽堂・Palau de la Música Catalana

モデルニスモを代表する建築家リュス・ドメネク・イ・モンタネールはバルセロナの裕福な印刷業者の家に生まれた。25歳で建築学校の教授となり、2歳年下のガウディに講義を行ったこともある。後に学長となり、政治家としても活躍。当時はガウディ以上に名声を博した。華やかな装飾を好み、19世紀末ヨーロッパに広まった花模様を巧みに表したため『花の建築家』と呼ばれた。

オルフェオ・カタラン合唱協会の本拠地として、1908年に完成。装飾美を モンタネールの最高傑作とされ、モデルニスモ建築のなかで最も美しいと言われる。赤レンガ造りの建物正面は、カラフルなモザイクタイルやカタルーニャの守護聖人サン・ジョルディの彫刻で飾られ、その奇抜な装飾には思わず足が止まってしまう。

 

1階ロビーやその奥に続く小ホールも素晴らしいが、何といっても圧巻は2階の大ホール。天井を覆い尽くすタイルと彫刻、そしてその中央に迫り出すステインドガラスのシャンデリア。過剰といえるほどの装飾だが、窓のステインドガラスを 入ってくる淡い光がホール全体を包み、温度の殿堂にふさわし優かな空間を生み出している。

 

0 Comments

Fri

27

May

2016

チョコレートの本場...スペイン?

チョコレートの本場...スペイン?

バルセロナには「チョコレート博物館」なる場所があります。なぜバルセロナに?と思いますよね。それは、チョコレートの材料のカカオ豆が中南米からスペイン経由で欧州に入ってきたからなんです。日本ではブリュッセルのチョコレートが有名になりましたが、歴史をひも解くと実はブロック型のチョコレートはそもそも1580年にスペインの宮廷で作られたのです。その後、スペインからフランスに嫁いだ皇女がチョコレートの大ファンであったためフランス宮廷に伝わったそうです。

 

チョコレートというとニキビの原因だとか、高カロリーだとか、なんだか食べるのに罪悪感が伴いがちだと思います。まず、その罪悪感を払拭しましょう!チョコレートの主成分であるカカオはいま流行の「スーパーフード」で、そのカカオポリフェノールには赤ワインと同じ抗酸化パワーがあります。赤ワイン+ダークチョコレートなんて組み合わせも美味しい上に健康に良くていいですね。そして共にスペインの得意な食材!

 

さて、実際バルセロナでチョコレートを堪能できる場所ですが、まず伝統的なチョコレートドリンクが楽しめるカフェを紹介しますチョコレート屋が軒を連ねるバルセロナのゴシック地区のCarrer de Petritxolという通り沿いの『Granja Dulcinea』(グランハ・ドゥルシネア)と『La Pallaresa』(ラ・パジャレサ)は現地人が子供の頃から慣れ親しんでいるチョコレート屋です。ョコレートドリンクは16世紀のスペインの宮廷や僧侶を中心に普及しました。当時の貴族になったつもりでぜひ一杯。
モダンなチョコレートを楽しみたいという方にオススメなのがあのクリエイティブな料理人Ferran Adrià(フェラン・アドリア)が「世界一のパティシエ」と呼ぶChristian Escribà(クリスチャン・エスクリバ)のお店『Escribà』(エスクリバ)のチョコレートケーキ、krönut(クロナッツ)というドーナツで有名な『Chök』(チョーク)のチョコレートドーナッツ、日本でも青山のお店でおなじみのCacao Sampaka』(カカオ・サンパカ)のチョコレートです。カカオ・サンパカの「Gaudi」(ガウディ)シリーズのチョコレートは日本には上陸していません。
どちらのタイプのチョコレートにするか決まりましたか?わたしたちはグランハ・ドゥルシネアでチョコレートドリンクをいただきました。このチョコレート屋の多いCarrer de Petritxolはチョコレート以外でも有名な通りです。何で有名か知りたいですか?ぜひアンナちゃんのツアーで質問してみてくださいね!
 
0 Comments

Thu

26

May

2016

Girona en temps de flors・ジローナの春祭

Pictures done during Girona Spring Festival last May 12th 2016. For further information about our tours to Girona in English please contact us anytime. 

 

この写真はジローナ春祭の時に撮った写真です。ジローナのツアー案内について、興味があれば、コンタクトを連絡して下さい。

0 Comments

Thu

19

May

2016

グエル公園・Park Güell 世界遺産1900〜1914年

 

          グエル公園の中央広場にて(春2016年)

 

  ガウディのスポンサーだったグエルは、街を見下ろす山の手の土地に60戸の宅地を造成し、緑に囲まれた閑静なイギリス風の住宅地を造ろうとした。そのための街デザイン、道路整備、正門から中央広場にかけてのパブリックスペースの建設が、ガウディによって行われた。

 

 公園では有名なベンチをはじめいたるところにタイルを用いた装飾が見られるが、これらの多くはガウディの弟子であるジュジョールの作品。ガウディが生み出した破砕タイルの技術により曲線をうまく覆い、かつ高い芸術性を生み出している。

 

  この宅地造成計画は、グエル家とガウディ家(現在はそれぞれ小学校とガウディの家博物館)以外には1戸しか売れず、失敗に終わるが、そのおかげで現在は素晴らしい公共公園として人々に愛されている。

 

 

                              Park Güell by Gaudí (April, 2016) 

 

Wonderful Barcelona views can be enjoyed from Park Güell Central Square, but the most amazing details of this Park are located on the waving bench. Gaudí invented a technic called "trencadís" which means "to break up" ceramics, tiles, wine bottles, coffee cups and so on. The architecture is beautiful here but also useful and organic. Visiting the Park you'll feel surrounded by Gaudí's inspiration, which was the magnificent nature and its complexity. 

 

    Visiting Park Güell with Thomas family from Melbourne. Thanks for coming to Barcelona from the other side of the world! (photo taken last December 28th, 2014)

                  

   Park Güell project, located in Barcelona western mountains, had been started in 1900 as a private city-garden community for wealthy Catalan families. 

 

   Antoni Gaudí & his patron Mr Güell, had been always thinking in the future. Maybe too much, maybe 100 years over his time, because unfortunately, nobody wanted to live so far away from city center last century. Not everybody owned a car in 1900, only the richest.

 

   It must be hard to reach the Park. Provably that was the reason why Park Güell project failed in 1914. Park Güell is the Story of a failed project.

 

  Come to discover all details joining our "Gaudí & the City" skipping the line tickets for Park Güell & Sagrada Familia! To find out more, please check out our Tours description and Contact us

 

2 Comments

Sat

23

Apr

2016

サン・ジョルディの日

今回はカップルでバルセロナ旅行を計画中の方にオススメの日をご紹介します!その日とは4月23日。街がバラの花で溢れる『サン・ジョルディの日』がやってきます。スペインの他の地域も魅力的ですが、この日はスペインの中でもカタルーニャ州限定で祝われるため、ぜひバルセロナに来てくださいね。

 

この日は聖ジョルディの伝説に則って、男性が好きな女性にバラをプレゼントする習慣があります。平日の場合でもランチの時間やコーヒータイムを延長してカップルで散歩に出かけたりします。スーパーマーケットによっては、この日女性にバラをプレゼントするところも。

 

もともと、旅費を稼ぐために学生がバラを売り始めたそうですが、現在は花に限らず、バラのデザインのアクセサリーなど可愛い手作りの商品も街に並びます。また『世界本の日』でもあるため、バラと並んで本も販売され、著者のサイン会なども開催されます。本にメッセージを書いて贈りあうのも素敵ですね!

 

この日のバルセロナを楽しむなら、オススメは午前中のRambla de Catalunya(ランブラ・デ・カタルーニャ)通りとPaseo de Gracia(パセオ・デ・グラシア)通りです。お昼頃からは人がかなり多くなるので、平日の場合は特に現地人が働いている午前中に見回ると込み合わずに良いですよ。

 

そもそも聖ジョルディの伝説ってナニ?と疑問符が残る方は、こちらのページでチェックしてみてください!興味が沸いてきた方はぜひ、4月のバルセロナへ!アンナちゃん企画の『バルセロナ・ロマンチックツアー』もオススメです♪ 

0 Comments

Thu

14

Apr

2016

アントニ・ガウディ、偉大なる天才の軌跡を訪ねる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

         サグラダ・ファミリアの受難の門(春2016年)

 

芸術の街バルセロナを彩るガウディの建築物。その代表作を巡り、今なお人々を魅了する天才建築家の足跡をたどってみよう。

 

ガウディの生涯

  • 1852 6月25日、タラゴナ県レウスに鍛冶職人の子として生まれる。
  • 1868 建築を学ぶためバルセロナに引越しました。
  • 1878 建築課程を終了。パリ万博に作品を発表、これを機にガウディ芸術のよき理解者     でパトロンとなる実業家エウセビ・グエルと知り合い。 
  • 1883 サグラダ・ファミリア聖堂の2代目建築家に就任します。
  • 1900 カサカルベがバルセロナ市最優秀建築賞を受賞。グエル公園の建設が始まる。
  • 1904 バトリョ邸リフォーム、カサ・ミラ建設の依頼を受ける。
  • 1906 父とともにゲル公園内の家に転居、数ヶ月後に父が93歳で亡くなる。
  • 1914 グエル公園建設が中断。サグラダ・ファミリア聖堂に専念すると宣言。
  • 1918 グエルさん死去。
  • 1925 「生誕の門」の最初のようろうが完成。
  • 1926 6月7日、路面電車にひかれ、3日後になくなりました。

 

サグラダ・ファミリア聖堂

民間カトリック教会団体であるサン・ジョセップ日により、聖家族(サグラダ・ファミリア)に捧げる教会として1882年に着工。翌年に初代建築家ビヤールのあとを引き継いだガウディは、当初の設計を自分のプランへと作り替え、世界でも類を見ない『完璧な教会』の建設を目指した。またこれを機に、キリスト教に関する知識を深め、同時に自信の信仰も深まっていった。1914年からはサグラダ・ファミリアの建設に専念するが、聖堂はしんしゃからの寄進で財源をまかなう『Templo Expiatorio』資金難からの工事はなかなか進まなかった。ガウディは教会に寝泊まりしながら自ら資金集めに奔走し、1926年に73歳で亡くなるまで人生のすべてを聖堂の建設に働きました。現在もガウディが残した設計図や模型をもとに、ガウディ没後100年である2026年の完成を目指して工事が続けられている。

 

         サグラダ・ファミリア聖堂の生誕の門(夏2014年)

 

生誕の門

太陽が昇る東側に面している。1894年に工事が始まり、3つのファサードのうち、唯一ガウディの生前に完成した。イエス誕生の喜びを表したもので、イエスの幼少年期の出来ごとが発表されている。中央の門はイエスを表す。右側は聖母マリアに捧げられた門です。左側は聖ヨセフを体現する。

 

  1. 生命の木は糸杉です。永速の命、ハトは神のもとに集まる信者と聖霊を表す。また、木の下の白いペリカンは、原始キリスト教のシンボルです。
  2. 聖母マリアの体冠
  3. マリアとヨセフの婚姻は手を取り合うマリアとヨセフが、司祭によって結ばれる場面。司祭を助ける天使たちの姿を見られる。
  4. 受胎告知は処女マリアに大天使ガブリエルが 精霊によって神の子イエスを身ごもることを知らせる場面。
  5. 赤ん坊の殺害はイエス降誕後、ユダヤの王となる運命をもった子供の誕生をしたヘロデ王は、ベツレヘム周辺の幼児をすべて殺害するよう兵士に命じた。
  6. エジプトへの逃避。夢に取れた天使のお告げにより、ヘロデ王がイエスを探し出して殺そうとしているのをしり、エジプトに逃げる聖家族。
  7. 天使を合唱隊。中央に子供の天使のせっかたい、両脇には楽器を奏でる6人の天使が表している。内戦で損傷を受け、日本人彫刻家の外悦路さんによって修復された。
  8. 働くイエスは大工である父ヨセフの仕事を手伝う少年のイエス。
  9. 羊飼いの礼拝。神の子の降誕をした羊飼いたちが、急いでベツレヘムへ向かい、足下の中で贈り物をイエスに持って来ました。
  10. 東方三博士の礼拝。メルキオール、ガスパール、バルタサールの東方三博士が星を見て『新しいユダヤの王』の降誕を知り、黄金とか持って来て、幼子イエスのもとを訪れる。

 

                   受難の門(2016年)

 

受難の門

太陽が沈む西側にあり、キリストの死がテーマ。装飾を排除し、冷たい石の肌をあらわにすることで、ガウディは受難の苦しみを表現しようとした。彫刻はカタルーニャ人彫刻家スビラックスが担当。左下からS字型に見て行くと磔刑前夜のできごと(下層)丘への道(中層)イエスの死と埋葬(上層)の順にたどることができる。

 

  1. 最後の晩餐。処刑される前夜、テーブルに着いたイエスが、弟子の一人が自分を裏切ることを予言する。
  2. ユダのキス。接吻することで、ユダは兵士たちにイエスが師であることを伝える。背後にある16の数字は、縦、横、斜めなど310通りある足し算の合計が常に、キリストが亡くなった年齢である33になる。
  3. ペテロの否定。3人の女性は、弟子のペトロがイエスを知っていることを3回否定したことを表す。
  4. イエスの裁判。右側の人物はローマ総督ピラト。死刑判決を表す。 
  5. 三人のマリアとキレネの人シモン。倒れているイエスのかたわらで泣いているのは聖母。シモンは十字架を担ぎ上げようとうしている。
  6. ロンギネス。十字架にかけられたイエスの脇腹を槍で突いたとされる兵士。後にキリスト教に改宗した。

 

聖堂内部

ガウディは聖堂内を、信者が神との一体感を体験できる場所にしようとした。壮大な内部の丸天井を支えるため、樹木の形をした柱を考案。また天井は殉教のシンボルであるヤシの木の葉のモチーフで飾られ、まるで森のように見える。2010年に完成し、ローマ法皇ベネディクト16世を招いてサグラダ・ファミリアを教会と認定するミサが執り行われた。

 

鐘楼(鐘の塔)

現在、生誕の門と受難の門の計8本が完成しており、エレベーターで上ることができる。全て完成すると約60個の鐘が取り付けられる予定で、ガウディは鐘の音響の研究を行った。

 

地下博物館

ガウディが残したサグラダ・ファミリアのスケッチや模型などが展示されている。逆さ吊りの模型は有名。

0 Comments

Sun

27

Mar

2016

サン・ジョセップとサンタ・カテリナ市場

  

① バルセロナの観光スポットはガウディ建築だけではありません。バルセロナに来たらぜひ市場にも足を運んでみてください!特に観光客に人気なのが、ゴシック地区のサン・ジョセフ市場(通称「ボケリア」)とボルン地区のサンタ・カテリーナ市場です。

 

② 日本ではスーパーマーケットが発達し、肉は肉屋で、魚は魚屋で買うという習慣は減ってきているのではないでしょうか。バルセロナにもスーパーはありますが、まだまだ市場文化も根強く残っているため、レストランのシェフはもちろんのこと家庭料理の食材も市場で購入するという人が多いです。

 

 

③ 市場では少量からの購入も可能なので、ぜひお試しを。食材を売っている店だけでなく、タパスをつまめるバーもあります。アンナちゃんと一緒に市場ツアーに行く際には現地人行きつけのオススメのバーを教えてもらってください!

 

 

④ 日本ではちょっと値段の高いパエリア用のサフラン、小さくてオシャレな缶に入ってるパプリカの粉、スペイン料理で使うソース、缶詰、真空パック入りのソーセージやハムなどは旅行のお土産にオススメです。

 

⑤ スペイン語を学んでいる方は、買い物の時に覚えた単語や表現を使ってみるのもいいですね。市場ではついカラフルな色の食材に目を奪われるかもしれないですが、泥棒も多いのでバックにはくれぐれも注意してください。

0 Comments

Wed

17

Feb

2016

Sagrada Família サグラダ・ファミリア

          サグラダ・ファミリアの内部(夏2015年) 

 

サグラダファミリア聖堂は世界中で知られている教会ですが他の教会と比べるとずいぶん違っているように見えませんか?何年も前から建設が始まったサグラダファミリアは、19世紀末のバルセロナ都市計画の中心部にあります。工事ははやく進んでいますが、現在まだ完成していません。ガウディが手がけた作品の中で一番大きな作品です。建築家として、ガウディはその生涯の大半(43年間)をこの教会の建立にささげました。サグラダファミリア聖堂は、時間とともにカタルーニャとバルセロナの大事なシンボルの一つになりましたが、それはガウディが考案した建築方法や構想のおかげなのです。

 

       サグラダ・ファミリアの生誕の門にある新しい門(夏2015年) 

 

サグラダファミリア聖堂は1882年、聖ヨセフの日に聖堂の漱石が置かれました。それからどれほどの時間が過ぎたか想像してください!ジュゼプ・マリア・ボカベーリャを筆頭としたバルセロナの団体である、人々の寄付金で聖家族の教会を建立することができます。この教会が、ガウディより前に建築家フランセスク・デ・パウラ・ヴィリヤールに計画を建てたのです。まず、取りかかった地下礼拝堂はこうじんの地下に位置します。ところが、建築家ヴィリャールは、教会の建立に使う建材のことで教会と話し合いがつかないから、すぐに辞めてしまいました。ちようどその時、それは1883年がもう一人の建築家ジョアン・マルトレイがヴィヤールの代わりに31才の若いガウディを手案しました。ガウディの最初の仕事は1889年に地下礼拝堂を仕上げることでしたが、当初の計画よりずっと長くなったことが確かです。例えば、色のついたステンドグラスを入れ、自然の光が入るように地下礼拝堂の周りにくぼみを作りました。また植物の形をモチーフにした素晴らしい柱頭が作られ、床のモザイクにはブドウや鳥が描かれました。将来、屋根や教会の塔まで上れるように延長することも考え合わせ、地下礼拝堂のそれぞれの側には地下に下りる二つのらせん状の大きな階段が設けられました。 

 

 

        受難の門の内側であり、ステインドガラスの光(秋2015年)

 

新しい計画

サグラダ・ファミリアの建築家として仕事を始めてから10年後、ちょうど当時で約60万ペセタの匿名、ガウディは当初の計画よりもっと大きくて、そしてそれぞれの部分が特別な宗教的意味合を持った教会を建てようと決心しました。ピラミッド型の18本の塔を持つ大きな教会を のです。イエスに捧げた170mの高さの一番高い塔が、イエスの を語る4人の福音史家を表した4本の約125mの高さの塔に囲まれ真ん中に位置します。その後ろに、当時建設中の後陣のファサードに囲まれ、イエスの母、聖母マリアに捧げた塔が建てられることになっていました。その上、ガウディは教会に入る大きな入り口も三々所建設しようと考えました。100mから120mの幅のファサードで、それぞれのファサードに4つの鐘楼(鐘つき塔)があります。1つ目のファサードはイエスの生誕を表し、2つ目は生涯の最後の日々(キリストの受難、死、復活)を表したもので、最後の3つ目は栄光やキリストの教えを表す中心的なファサードです。ファサードにそびえ立つ12本の塔は12人の使徒、イエスの12人の仲間を表しています。ガウディは約100mの高さの1本の塔を持つ教会から18本の塔のある教会に変えることを考えていました。それは広大な計画で、そのような教会を建立するには長い時間が必要でした。

 

             サグラダ・ファミリアの生誕の門(秋2014年)

 

ガウディはこの計画がとても込み入っていることに気づぎ、一つずつ順序立てて建設してゆくことに決めました。20年から30年で完成しているであるうと予想し、生誕のファサードから建設を始めました。当時の人々には建物が完成すると思えなかったのですが、少なくとも一つのファサードぐらいは確実に完成する、あるいはかなりの部分まで出来上がるだろう、と期待する人も多かったのです。その内、ほっそりとしたネオゴシック様式の後陣のファサードが完成しました。当時、この付近はまだ野原だったので、ガウディはサグラダ・ファミリアの周辺の動物や植物群のモチーフを使いました。だから、雨水を吐き出すガーゴイルは口を開けた動物の形をしています。🐌かたつむり、小さいトカゲ、ヒキガエル、ヤモリ、蛇、カエル、サンショウウオなどです。

 

0 Comments

Thu

07

Jan

2016

年始にやってくる「サンタさん」とスペイン風「おみくじ」

 

スペインでは「サンタさん」に相当する人が訪れるのは12月24日ではなく1月6日。

キリスト教の新約聖書に登場するメルキオール、バルタザール、カスパールの「東方の三博士」がイエスの誕生に立ち会った日です。

 

三人の博士が乳香、没薬(もつやく)、黄金をイエス・キリストに捧げたため、現在では子供たちが待ちに待ったプレゼントを貰える日として定着しました。

 

 

まず前日1月5日の夕方から夜にかけて、スペインのいたるところで博士がプレゼントを配りまわるというCabalgata(カバルガータ)というパレードが行われます。
パレード沿いには肩車をしてもらって嬉しそうな子供がたくさん。お父さん、お母さんも人混みの中大変です。 

 

1月6日には一年間良い子にしてた子供はプレゼント、品行の悪かった子供には木炭が届くと言われています。
大人でも「今年は木炭しかもらえなかったよ!」という表現をよくします。さらに、この日には家族、恋人や友達と一緒にRoscón(ロスコン)と呼ばれる伝統のお菓子も食べます。

 

ロスコンの中にはこっそり王様の形の小さな人形と豆が入っています。王様が当たった人は一年間幸運が訪れ、豆が当たってしまった人は来年のロスコンを買わないといけないというのが習わし。また王様が当たった人はロスコンと一緒についてくる紙でできた冠をかぶれます。日本でいうところの年始のツキを占う「おみくじ」みたいです。何がでてくるか楽しみですね!

 

0 Comments

Thu

10

Dec

2015

Blanes・ブラネス

 

カタルーニャ州の北東の街 Blanes(ブラネス)でぜひ訪れて欲しい場所がこちらの

植物園、Marimurtra(マリムルトラ)。特に花が開花する春〜夏の時期がオススメです。

 

 

 

デートスポットとしても、友達とゆっくり過ごすにも、また予約をすれば結婚式場としても使う

ことができます。ちょうど私たちが訪れた時に結婚式を終えたカップルと遭遇しました。

 

 

植物園には世界中から珍しい花や面白い植物、一風変わったヘンテコな木々が集められていて、
予想以上に面白かったです。ちょこっとですが、日本のコーナーもあります。

 

 

見てください、この絶景。植物園はちょうど地中海の隣にあるのです。海をバックグラウンドにした眺めは最高です。花嫁姿で階段を降りる自分を想像してしまったり、笑。

 

 

                最後にアンナちゃんとツーショット。みなさんもぜひ足を運んでみてください! 

0 Comments

Mon

30

Nov

2015

Caldes de Montbui・カルデスという温泉町

Come to visit Caldes, Thermal Springs Town・温泉町をお待ちしています 

The first time I visited Caldes I felt in love with this place. In love with its beauty, its peace, this quite atmosphere everybody feels on the Springs. Caldes is the best scenario to relax your body and your mind. Let yourself go, let yourself experience Caldes. 

 

初めてカルデスに行ったとき、私はこの町に恋をしました。癒される温泉はもちろんですけれど、穏やかでピース・フルな町の雰囲気が皆さんを迎えてくれます。心と体をリラックスさせてくれるだけでなく、恋人や家族、友人とも素晴らしい思い出を作れる町なので、ぜひカルデスに遊びに来てくださいね!

0 Comments

Thu

26

Nov

2015

Picasso Museum ・ピカソ美術館

Picasso Museum of Barcelona is located in five medieval palaces in the Old Town and houses a big collection of artworks (paintings & ceramics) by Pablo Picasso. Picasso museum is one of the most visited museums in Barcelona with 919.814 visitors last year, after Joan Miró Foundation, Barcelona History Museum and FCB Museum. 


Highlights of the collection includes "First Communion"(1896) & "Science & Charity"(1897) done when Picasso had been studying Fine Arts in Barcelona Academy at the age of 15 & 16 years old. 


Don't hesitate to join our Picasso Museum Tour including the tickets for the permanent collection & the walking tour in Barcelona's Old Town, stopping by St. Mary of the Sea Gothic Church & the Gothic Quarter. Enjoy the visit rather in group or in a private tour!   

 


ピカソ美術館はバルセロナの旧市街にあり、中世の建物である美術館です。パブロ・ピカソはマラガ街、1881年に生まれ、当時14才でバルセロナに住みに来ました。ピカソ美術館はバルセロナ博物館の中で、4番目の訪れた美術館です。ランキングはつぎ、


  1. FCBMuseum(バルサ・サッカー・チーム)は去年、153万4961人
  2. バルセロナ歴史の博物館は123万0708人
  3. ミロ美術館は109万1468人
  4. ピカソ美術館は91万9814人


ピカソ美術館の有名な作品はラス・メニナスですがこの作品意外は4.000作品もある美術館です。

住所 C/ Montcada 15-23, 08003 Barcelona 

月曜日休館


3 Comments

Thu

15

Oct

2015

ジョアン・ミロ美術館・Joan Miró Foundation

 

ジョアン・ミロは1983年の4月にバルセロナで生まれた著名なアーティストです。彼はシュール・レアリストに分類され、描く対象の原形を崩し、鮮やかな色を用いることで、まるで子供が描いたような生き生きとした作品を世に生み出しました。また、カタルーニャ出身のアーティストとして誇りを持って創作に励んでいたそうです。

 

ミロ美術館は、絵画/彫刻/壁画などを含んだ1万点以上の作品を所蔵しています。

 

写真はブラジルからお越しいただいたマルセロさんとミロ美術館を訪れた時の様子です。

去年の夏におもてなしバルセロナのツアーに参加してくれました!

 

また、ミロの作品はミロ美術館のみならず、バルセロナの街中でも見ることができるんです。例えば、スペイン広場の近くにあるミロ公園では、”女性と鳥”という高さ22mの青/赤/黄のタイルが貼られたオブジェがあります。その他にも旧市街のメイン・ストリート、ランブラス通りには、ミロ作のモザイクが歩道に埋め込まれているんですミロの作品を探しながらバルセロナの街を歩くのもきっと楽しいと思いますよ!

 

 

Joan Miró was a famous artist born in Barcelona in April 1983. His work has been interpreted as Surrealism re-creation of child-like with a strong Catalan pride.


Joan Miró Foundation is a museum dedicated to his work, including more than 10.000 pieces: drawings, paintings, sculptures, ceramics and murals. 


Our guest, Marcelo from Brazil, visited the Foundation last Summer. However, part of Miró's legacy can also be seen around the city itself, like "Woman and Bird" covered in tile fragments (near Spain Square) or "Pla de l'os" close to the Opera House in Las Ramblas.   

2 Comments

Tue

29

Sep

2015

夢が実現した『1部分』

私は子供の頃から、観光が大好きでした。両親はいつも私を旅行に一緒につれていってくれたので、二人とも旅行をすることが好きになりました。そして、旅行をすることは私の趣味になりました。

バルセロナ市内観光バスで働いた期間


しかし、学生の間は、私の仲間が私のことをうらやましがっていたため、自分の旅行についてはあまり話したくありませんでした。友達の多くは夏休みを国内で過ごしていたので、私は自分の経験の方が面白いと思ったので、旅行についてが何も話しませんでした。私の子供時代は仲間よりラッキーだったけれど、恥ずかしく思っていました。


私が初めて飛行機に乗ったのは25年前の5歳の時でした。家族と一緒にバルセロナからマヨルカ島に旅行をしました。現在は幼い頃から飛行機に乗ることは普通のことですが、80年代は珍しかったのです。私はその時からずっと、家族と一緒に世界中を旅行してきました。12歳になったとき、この趣味以外に、日本の漫画が大好きだったので、両親に日本に行かせてほしいとお願いした。そして、14歳の時に初めて日本に旅行をしました。その旅行は私の夢だったのでとても嬉しかったです。両親のおかげで日本に旅行をすることができて、自分の夢を達成することができました。その旅行は私の予想を超える本当に素晴らしい経験でした。


パリに移住した1年間

スペインに帰国した時から、日本語を学びたいと思うようになりました。高校を卒業してすぐ、漫画家になりたかったのですが、最終的にその趣味をあきらめて、大学の観光学部に入学しました。その期間に観光の勉強をしながら、同時に働いていました。バルセロナ市内の観光バスで、ガイドとして働き、色々な言語を学び、良い経験をすることができました。ただし、英語とかフランス語は毎日話すことができましたが、日本語を話せるチャンスはありませんでした。だから、観光学部を卒業してすぐ日本語学科に入学しました。








そのとき、私の夢をあきらめたくないと思いました。22歳で日本語学科を卒業した後、観光バスの仕事をやめて、パリに移住しました。そこで1年間カタルーニャ観光局のプロモーションの仕事をしながら、とても豊かな時間を過ごしました。パリに住んでいた期間、仕事上だけでなく、個人的にも成長することができました。パリで知り合った友達や仕事の仲間からたくさんの影響を受け、時間がとても速く過ぎました。


つづく

0 Comments

Mon

28

Sep

2015

夢が実現した『2部分』


2007年はパリに引っ越して、カタルーニャ政府観光局で働いている間、とても素晴らしい経験をしました。パリに住んでいた期間は一年だけでしがわたしにとってはとても長い時間に感じました。パリではフランス語を学んだり、面白い仕事をしたり、沢山旅行をしたりして、時間があっという間に過ぎました。

東京の私の部屋


ある日、事務所で働いていると、突然、スペイン政府観光局から電話がかかってきました。私は電話を置いた後、世界中にあるスペイン政府観光局のオフィスについて、調べてみて、驚きました。世界には20以上のスペイン政府観光局の海外オフィスがあり、2年間のインターンシップのポジションが提供されていました。インターンシップのポジションが沢山あったことに興味を持ち、特に東京のポジションに応募したいと思いました。さらに、ちょうどそのとき、スペイン政府観光局のオフィシャルWebサイト『ツアースペイン』ではインターンを募集していました。その選考プロセスは長くて時間がかかるものでした。しかし、私はまだ日本に行けるチャンスがあると思って、嬉しくなりインターンシップに応募しました。




パリに住んでいた期間日本についてばかり考えていたので、パリの生活を十分に楽しむことができませんでした。なぜかというとパリに滞在した時、この選考プロセスの準備をしていたためです。日本語の練習に沢山時間が必要でした。また、選考試験を受けるためにパリからマドリッドに2度飛びました。スペイン政府観光局で働くための試験は難しくて時間がかりました。


東京で初めてできた友達


ほぼ一年、最終的に日本に行けるか分からない状況で準備を続けました。もちろん、一生懸命勉強を頑張り、良い返事を待っていました。2008年3月の終わり、私は当時の彼と一緒に、メノルカ島で旅行をしていました。その時、母から電話がかかってきたのです。車を運転している場合は止めるようにと母に言われて、突然緊張しました。マドリッドから手紙が戻いたけれど、あけてもうよいかと聞かれて、私は『もちろん!』と答えました。

私は本当に興奮して、ドキドキして、また大変緊張していました。母はその手紙を最初から読み始め、私は彼女の声に耳をかたむけていました。東京港区のスペイン政府観光局で2年間のインターンシップに選ばれました。おめでとうございます!と言われてすぐ、涙があふれました。本当に東京に行けることが信じられませんでした。私は電話を切ってすぐ、彼に抱きついて喜びました。私の夢が実現したのです。


0 Comments

Wed

09

Sep

2015

モンセラット山の午後・Afternoon in Montserrat

 

今年の夏はとても暑かったですがモンセラット山はいつでも涼しくて快適です。海抜800m 地点には修道院があり、黒い聖母マリア像が祀られている。9世紀に二人の羊飼いが聖母マリア像を洞窟の中に見つけていらい、モンセラットは多くの巡礼者が訪れる整地となった。そこでは新鮮な空気と素晴らしい眺めが待っています。

モンセラットという言葉はカタルーニャ語で “ノコギリ” という意味を持っているんですよ。

 

This Summer has been really  hot but going to Montserrat Mountain is always a pleasure. The monastery located at 800 meters above the sea level has fresh temperatures and wonderful views. Did you know that Montserrat means in Catalan "Serrated Mountain"? 

0 Comments

Fri

28

Aug

2015

ガウディのグエル公園 Gaudí's Fairy Tale Park Güell 

 

今月は日本から滝沢家の皆様がバルセロナに来てくださって、ガウディの作品を巡るツアーを楽しんでいただきました。まずはガウディのサグラダファミリア教会を訪れ、その後グエル公園へ。この写真を見てください!ガウディがデザインしたベンチは色どり鮮やかでとても美しいですね。この場所からは童話の世界のような眺めも楽しめますよ!グエル公園はユネスコ世界遺産にも登録されているので、訪れる価値ありです!

 

This month Takizawa Family from  Japan visited Barcelona. We've been enjoying the tour together, starting  with Gaudí's works. Check out this great picture we took from Park Güell! Wonderful views of Barcelona City from this Fairy Tale Unesco World Heritage Site.  

0 Comments

Sat

04

Jul

2015

資格を持ったツアー・ガイドに成れた日

 

Today, celebrating my birthday, I remember my first day of work. I've been working as a tour guide since I came back from Japan in 2010, but my first day of work, as Licensed Tour guide didn't come until January 2013.

 

It was not easy at all to receive my License which allows me to show my city and my homeland Catalonia.

 

Finally, after 3 years studying and working hard, I passed the exam! It was done last December 17th 2012. This is the picture of my first working day as Licensed tour guide in January 2013. Today, 2 years and a half later and I'm still enjoying my job as much as my first day! How lucky I feel on my birthday! 

 

 

今日、自分の誕生日を迎え、初めてこの仕事をした日を思い出しています。2010年に日本からバルセロナに戻ってきてツアー・ガイドとして働いていますが、実際に資格を持ったガイドとして仕事ができたのは2013年の1月でした。故郷であるカタルーニャ、バルセロナの街を案内するためにガイドの資格を得ることはとても大変で、3年間一生懸命勉強して、ついに2012年の1217日に試験に受かったんです!この写真は私が初めて資格のあるガイドとして働いた日の写真で、2年半経った今でも、この頃と同じように楽しく働いています!自分の誕生日にこう思えるなんて私はなんてラッキーなんでしょう

0 Comments
Omotenashi Barcelona Facebook Page

Share the site | サイトを共有する