バルセロナに刻んだ青春の足跡

ピカソゆかりのスポット

 

いつもでにぎわっているバルセロナのカテドラル。ほとんどの観光客はづかないが、はそののに、ピカソのがある。カテドラルからカタルーニャへと向かうのにつ「カタルーニャおよびバレアレス」の建物がそれだ。そこにはりのときにりされる巨大や、カタルーニャのサルダーナがかれている。とされたは、ピカソがにそれらを見たときのちが、そのままれているかのようだ。 この建物を横に見ながら、カタルーニャ広場へと歩いて行く途中の右側に、モンシオ通りがある。この通りに入ってすぐ、ゴシック風のアーチ窓のある建物が目に入る。ピカソはもちろんのこと。19世紀末バルセロナの画家たちのたまり場だった、カフェレストラン「の」クアトラ・ガッツだ。現在の店は1981年にピカソ生誕100年を記念して再開されたものだが、内装は当時のままに再現されている。

パブロ・ルイス・ピカソは1881年10月25日にスペインのマラガで生まれ、1891年にはであったホセ・ルイス・ブラスコのとともにイベリアにあるア・コルーニャに移り住んだ。それにの『エル・ピカドール』をきをしているが、この地で描いたのがあまりにだったため、父親はのをピカソにり、絵は描かないといった、というエピソードまでされている。

 

1895年、まもなく14歳のをえようとしていたピカソは、父親ののためバルセロナへ移った。カタルーニャが広がり、のをしていたバルセロナのでなにれたことが、ピカソののをしたとにをかせたといってもさしつかえないだろう。この、のはにされている。リョッジャのにしては、は14でがないのにクラスをけるのをもらい、かかるを1日でえ、しかもなであった。

こうしてまったバルセロナの生活は、1904年にパリにまでいた。そのにスペインにることはあったが、1939年にフランコがをりがすると、「」としてらをづけ、くなるまでへることはなかった。ピカソがカフェレストラン、(にはセルべサリア、すなわちビアホールに近い) 「の」にをすのは、1898年のからである。 

そのにしたこの店は、パリのキャバレー「(シャ・ノワール)」をとしてられた。にわったはいずれも「」にりしており、にそのなかの4人がとなったのでこのがつけられたのだが、この「エルス・クワトラ・ガッツ」とはまた、カタルーニャので「ほんのわずかな人々」を意味している。その4人とはのペレ・メレウ、、、でもありシッチェスにカウ・フェッラトをいたサンティアゴ・ルシニョール、イラストレーターやポスターデザイナーとしてパリやバルセロナでしたラモン・カサス、そしてでだったミケル・ウトリーヨだ。ちなみにミケル・ウトリーヨはピカソを早くから認めていた。

 

ピカソはとりわけこのとがく、メニューやポスター、などのデザインをしたり、ののデッサン、パステル、をたくさんしている。そして「四匹の猫」がした1903年に、(のような)「の」のをかき、パリへするためにいった。

 こうしたパリの新しいに染まったがいた「の」は、のようにいのたまりになっていった。そのをげてみると、イシドル・ノネイ、スロアガ、トーレス・ガルシア、マノロ・ウゲー、でにピカソのとなるサバデルス、ピカソのでダリにをくことをすすめたラモン・ピッショット、1900年にピカソがめてパリにときにし、ピストルしたカサヘマス、のアルベニスとグラナドスなど、その後スペインやにをえたが出入りしていた。

 

Write a comment

Comments: 0
Omotenashi Barcelona Facebook Page

Share the site | サイトを共有する