ガウディのヒミツ

先日ガウディの出身地であるタラゴナ県のRiudoms(リウドム)という小さな町のはずれに佇むガウディの生家を訪問させていただきました。生前のガウディの意思で、現在は一般人の方が住んでいますが、特別にお庭まで入ることができました。自然溢れるリウドムで幼少期を過ごしたため、ガウディの作品には自然が多用されています。

このツアー中にお会いしたのが、ガウディ研究をされている建築家の田中裕也さんです。田中さんは30年以上にわたりガウディ建築物の図面作成に取りくまれています。ガウディは模型を元に作業をしていたため、ガウディの図面というものは現在残っていません。

田中さんのお話を伺っていて、興味深かったのが『ガウディ・コード』。ガウディが建築物に隠した暗号なんだそうです。例えば、このカサ・バトリョ(Casa Batlló)のファザードのテーマは「地中海文化」、「カタルーニャ文化」、「聖書」、なんだそうですが、実はここに黄道十二星座がいくつか隠れているのだとか。

この写真では分かりにくいかと思いますが、ファザードにはお皿が装飾として使われています。田中さんによると、このお皿が星を表し、左上のこの窓が無い場所から天秤座、サソリ座、射手座が並んでいるのだそうです。

ガウディに興味が出た方も元々興味のある方も、バルセロナに来たらぜひアンナちゃんのガウディツアーに参加してみてください。わたしは元々アンナちゃんの日本語の先生だったのですが、アンナちゃんはガウディに関する単語をしっかり勉強していたので、日本語できちんと説明してくれるはずです(と、彼女にプレッシャーを与えてみる、笑)。お楽しみに!

Comments: 0 (Discussion closed)
    There are no comments yet.
Omotenashi Barcelona Facebook Page

Share the site | サイトを共有する