年始にやってくる「サンタさん」とスペイン風「おみくじ」

 

スペインでは「サンタさん」に相当する人が訪れるのは12月24日ではなく1月6日。

キリスト教の新約聖書に登場するメルキオール、バルタザール、カスパールの「東方の三博士」がイエスの誕生に立ち会った日です。

 

三人の博士が乳香、没薬(もつやく)、黄金をイエス・キリストに捧げたため、現在では子供たちが待ちに待ったプレゼントを貰える日として定着しました。

 

 

まず前日1月5日の夕方から夜にかけて、スペインのいたるところで博士がプレゼントを配りまわるというCabalgata(カバルガータ)というパレードが行われます。
パレード沿いには肩車をしてもらって嬉しそうな子供がたくさん。お父さん、お母さんも人混みの中大変です。 

 

1月6日には一年間良い子にしてた子供はプレゼント、品行の悪かった子供には木炭が届くと言われています。
大人でも「今年は木炭しかもらえなかったよ!」という表現をよくします。さらに、この日には家族、恋人や友達と一緒にRoscón(ロスコン)と呼ばれる伝統のお菓子も食べます。

 

ロスコンの中にはこっそり王様の形の小さな人形と豆が入っています。王様が当たった人は一年間幸運が訪れ、豆が当たってしまった人は来年のロスコンを買わないといけないというのが習わし。また王様が当たった人はロスコンと一緒についてくる紙でできた冠をかぶれます。日本でいうところの年始のツキを占う「おみくじ」みたいです。何がでてくるか楽しみですね!

 

Comments: 0 (Discussion closed)
    There are no comments yet.
Omotenashi Barcelona Facebook Page

Share the site | サイトを共有する